コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際世論 こくさいせろん international public opinion

2件 の用語解説(国際世論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際世論
こくさいせろん
international public opinion

国際社会のなかで国際的影響力をもつ意見。国際世論は,第1次世界大戦後,そして特に第2次世界大戦後,国際政治の重要な要素とみなされるようになり,平和運動反戦運動といった形で,積極的,組織的に形成する努力がなされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際世論【こくさいよろん】

国際的な諸問題に対して,世界で大勢を占める考えのこと。現代では国際世論の形成にあたって国際連合をはじめとする国際組織が大きな役割を果たしている。特に,国連総会は加盟国のすべてが参加するもので,そこでの意向は無視できない力となって各国に影響を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

国際世論の関連キーワード国際会議国際純正・応用化学連合国際商法国際人国際的答えるILO条約国際場裡国際都市国際酪農連盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際世論の関連情報