コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際世論 こくさいせろんinternational public opinion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際世論
こくさいせろん
international public opinion

国際社会のなかで国際的影響力をもつ意見。国際世論は,第1次世界大戦後,そして特に第2次世界大戦後,国際政治の重要な要素とみなされるようになり,平和運動,反戦運動といった形で,積極的,組織的に形成する努力がなされている。 1965年以降のベトナム戦争へのアメリカの介入,56年のハンガリー,68年のチェコスロバキアへのソ連の武力干渉に反対する国際世論の高まりは,直接的な抑制効果はもたなかったが,当事国に与えた影響は決して少くない。 70年代以降,非政府組織 NGOの果す役割が高まるにつれ,NGOが形成する国際世論が国々の政策決定に微妙な影響を及ぼす機会が急速にふえている。反核平和運動,環境保護運動,人権擁護運動などはその端的な例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際世論【こくさいよろん】

国際的な諸問題に対して,世界で大勢を占める考えのこと。現代では国際世論の形成にあたって国際連合をはじめとする国際組織が大きな役割を果たしている。特に,国連総会は加盟国のすべてが参加するもので,そこでの意向は無視できない力となって各国に影響を与える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国際世論の関連キーワード国際NGO「ICAN」(核兵器廃絶国際キャンペーン)ウィリアムズ(Jody Williams)グリーンピース・インターナショナルネバダ・セミパラーチンスク運動アルバート・H. キャントリルジンバブエ・アフリカ人民同盟アルジェリア民族解放戦線地雷禁止国際キャンペーンアジア=アフリカグループ国際コミュニケーション核戦争防止国際医師の会シャープビル虐殺事件パレスチナ・ゲリラキャッチャーボートアメリカ海外広報庁原子力安全国際条約ポスト・マルコス国連軍縮京都会議「独島3原則」三・一独立運動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際世論の関連情報