コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「3K」職場/「6K」/「新3K」 3Kショクバ/6K/しん3K

1件 の用語解説(「3K」職場/「6K」/「新3K」の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

「3K」職場/「6K」/「新3K」

「3K」(きつい、危険、きたない)職場の忌避は、貴族化・清潔化という消費文化と無関係ではない。3K以外の、例えばウエートレス不足も、身体・人格による他者へのサービスが嫌われるからである。他者のサービスはいくらでも受け入れるが、自分からのサービスはいやというのは貴族固有の発想である。3Kはさらに「給料が安い、休暇が少ない、カッコ悪い」が加わって「6K」。土木・建設現場、看護、ある種のサービスが特に嫌われ、その分、日当が急上昇している。本格的に職場に登場した女性=総合職女性に対しては、男性と同等の条件が要求されるのみならず、「きつさ、気配り、きれい」が求められる。彼女たちがいささか過剰に、そして勝手に意識しているのかもしれないが。こうした女性への要求項目を「新3K」という。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

「3K」職場/「6K」/「新3K」の関連キーワード職場の使命意地汚い汚む汚らしい在席糞土汚げ無しきつめ腹汚い3K労働

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone