コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『蒲団』 フトン

とっさの日本語便利帳の解説

『蒲団』

田山花袋
小石川の切支丹坂から極樂水に出る道のだらだら坂を下りようとして渠は考えた。『これで自分と彼女との関係は一段落を告げた。三十六にもなって、子供も三人あって、あんなことを考えたかと思うと、馬鹿々々しくなる。けれど……けれど……本当にこれが事実だろうか。あれだけの愛情を自身に注いだのは単に愛情としてのみで、恋ではなかったろうか』\(一九〇七)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『蒲団』の関連キーワード伸し上がる・伸し上る突っ包む・突っ括むちょんぼり風俗小説論縮かまるこそばいけろけろ天井抜け床を取る毟り取る田山花袋七つ過ぎ不用の用蒲の穂綿ふくふく打伏す諾するロハ台真逆に待渡る

『蒲団』の関連情報