【あい】琿条約(読み)あいぐんじょうやく

百科事典マイペディアの解説

【あい】琿条約【あいぐんじょうやく】

1858年ロシアと清国の間に【あい】琿(現,黒河市の愛輝区)で結ばれた条約。ロシアはネルチンスク条約(1689年)の制約を無視し,英国と対抗するため,黒竜江アムール川)を占領しようとした。そして東シベリア総督ムラビヨフ・アムールスキーを通じて,太平天国の乱で苦しんでいる清国の全権奕山(えきさん)にこの条約を結ばせた。黒竜江左岸をロシア領とし,ウスリー川以東を共有領土とするなど,ロシアは領土を拡張した。のち清は条約を否認したが,1860年の北京条約で確認された。
→関連項目ゴルチャコフシベリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android