【ほ】【き】内伝(読み)ほきないでん

百科事典マイペディア「【ほ】【き】内伝」の解説

【ほ】【き】内伝【ほきないでん】

南北朝室町時代の初期陰陽道の天文暦数の書。5巻。《金烏玉兎集》とも。安倍晴明託されるが祇園社八坂神社)に関連する者の偽作らしい。中天竺の吉祥天源王舎城の牛頭天王が,巨旦大王の妨害に苦しみながらも,蘇民将来助力を得て,をめとるという筋を源流に,天文暦数の百科辞書的な項目をそれに関係づけている。《続群書類従》第31輯上所収。江戸時代に版を重ねた《【ほ】【き】》3巻は仮名書き抄出書。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android