コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【ほ】【き】内伝 ほきないでん

1件 の用語解説(【ほ】【き】内伝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【ほ】【き】内伝【ほきないでん】

南北朝〜室町時代の初期陰陽道の天文暦数の書。5巻。《金烏玉兎集》とも。安倍晴明に仮託されるが祇園社(八坂神社)に関連する者の偽作らしい。中天竺の吉祥天源王舎城の牛頭天王が,巨旦大王の妨害に苦しみながらも,蘇民将来の助力を得て,后をめとるという筋を源流に,天文暦数の百科辞書的な項目をそれに関係づけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【ほ】【き】内伝の関連キーワード陰陽道陰陽師陰陽寮陰陽家十作白旗一揆安倍吉平兼国(2)土御門有世頼勝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone