コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいびき Svidanie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あいびき
Svidanie

ロシアの作家 I.ツルゲーネフの農村生活に取材した小説集『猟人日記』中の一編。 1850年作。秋の白樺林の静寂のなかで,純情な百姓娘と都会慣れしたきざな下男とが最後のあいびきをする場面を描いた珠玉の短編。日本では 88年に二葉亭四迷による言文一致体の名訳『あひゞき』が『国民之友』誌7~8月号に発表され,当時の読書界に驚愕と感銘を呼起し,日本近代文学の発達に多大の影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のあいびきの言及

【デート】より

… 日本では,第2次大戦後のアメリカニゼーションの風潮のなかで,1950年代後半からデートという言葉が使われはじめ,60年代の初頭には日常語のなかにほぼ定着するにいたった。あいびきという旧来の日本語が〈人目を忍んで会う〉というニュアンスをともなうのに対し,デートという言葉には明るい開放的なひびきがあり,当時の若い人たちに好まれた。ランデブーというフランス語も戦前から使われていたが,この言葉はいささかハイカラにすぎる感じが強く,大衆的な用語とはなりにくかった。…

※「あいびき」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

あいびきの関連キーワードトリスタンとイゾルデ(ワーグナーの楽劇)ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクシーガー(Alan Seeger)エコー(ギリシア神話)アラン シーガーシュカサプタティ魔法使いの物語歌舞伎の用語哀れなリーザ首飾り事件ランデブー郷間楓子外来語情け宿おせん壇ノ浦黒衣出合大紋素襖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あいびきの関連情報