コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あきしまささげ

デジタル大辞泉プラスの解説

あきしまささげ

岐阜県高山市で生産されるインゲン。秋口に気温が下がると紫色縞模様が浮き出ることが名称由来。縞は茹でると鮮やかな緑色になる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あきしまささげ[豆類]

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
主に高山市などで生産されている。いんげんまめの在来種。秋に収穫が本格化し気温の低下とともに莢の表面に紫色の美しい縞模様が現れることから、あきしまささげと呼ばれる。他のいんげんまめと比べ、莢のすじがない。飛騨・美濃伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

あきしまささげの関連キーワード岐阜県高山市

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android