あざみ菜

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

あざみ菜[葉茎菜類]
あざみな

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に丹波市で生産されている。新規特産物の開発と水田の有効利用を目的として、九州でわずかに栽培されていた種子を譲り受けて栽培を開始。あざみのようにの多い葉が特徴であるため、この名がついた。ひょうごの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android