コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あぶりだし

2件 の用語解説(あぶりだしの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

あぶりだし

紙に酒,ミカンの絞り汁などで絵や文字をかいたもの。そのままでは見えないが,火にあぶると紙のセルロースの水分が奪われ,炭化して,焦茶色に絵や文字が現れる。江戸時代に酒席の遊びとして行われたとの記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぶりだし

酒や塩化コバルトの薄い溶液で紙に文字や絵を書き,火であぶると文字や絵が現れてくる。江戸中期には酒席の遊びとして行われた。本居宣長の《在京日記》宝暦6年(1756)正月の項には,酒で書いた隠し文字にめいめいが銭を賭け,火にあぶって出た文字を当てた者が銭をとる遊びがあったことを記している。当時はおもにミョウバンを用いた。後に辻占(つじうら)や神社のおみくじ,さらに子どもの遊びにも用いられてきた。簡単な方法としては,ミカン汁や塩水を使う場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あぶりだしの関連情報