ありよりのあり

知恵蔵miniの解説

ありよりのあり

「あり」か「なし」かの二者択一で是非を示す際に、全面的に「あり」であるという肯定の意味で用いられる若者言葉。断定を避ける「ぼかし表現」の一つと考えられ、派生語に、肯定の意思を示しながらも全面的に肯定はしない「なしよりのあり」、否定の意思を示しながらも全面的に否定はしない「ありよりのなし」、全面的に否定の意味で用いられる「なしよりのなし」がある。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を中心に使われ始め、テレビ番組で用いられたことを機に、2016年頃より使用が広がったとみられる。

(2018-5-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ありよりのありの関連情報