コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いも(芋/藷/薯) いも

1件 の用語解説(いも(芋/藷/薯)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

いも(芋/藷/薯)【いも】

一般に植物の根や地下茎デンプンなどを貯蔵して肥大したもの。食用やデンプン原料となるものが多く,主食とする所も少なくない。歴史的には,東南アジアを中心とする熱帯・亜熱帯ではタロイモヤムイモが,南米の熱帯低地ではキャッサバそのほかが,メキシコの高原ではサツマイモが,南米アンデスの高地ではジャガイモが,それぞれ一時期の栽培作物の中心となり,いも栽培型の,いわゆる種子によらず根分けや挿芽により繁殖する栄養繁殖作物を栽培する根栽農耕文化を形成したと説かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

いも(芋/藷/薯)の関連キーワード皮層貯蔵澱粉澱粉葉根腐れ病クズデンプン地下デンプン地上デンプンデンプン粒生デンプン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone