コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タロイモ タロイモ Colocasia antiquorum; taro

5件 の用語解説(タロイモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タロイモ
タロイモ
Colocasia antiquorum; taro

サトイモ科の多年草東南アジアの原産。サトイモ (里芋) の品種群と考えられ,ポリネシア南太平洋の島々で広く栽培され,重要な食料となっている。現在では熱帯アフリカアメリカでも栽培され,多数の品種が知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タロイモ

タロとも。東南アジア原産のサトイモ科に属するいもの総称。属の違う種類も含み,多くの品種がある。オセアニアインドネシア,台湾からインド,アフリカにまで栽培される重要な食用作物
→関連項目いも(芋/藷/薯)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

タロイモ

 →サトイモ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タロイモ【taro】

太平洋のポリネシア地域では,主食として栽培しているサトイモや,それに類似のサトイモ科植物をタロと一般的に呼んでいる。それからサトイモ類を英語でtaroと呼ぶようになり,さらにその呼び方が日本にもち込まれ,〈タロイモ〉という総称名が,南方系の栽培サトイモ類に使用されるようになった。この太平洋諸島のタロは,作物としては日本でも栽培されているサトイモをもともとは指すものであるが,南アメリカから新しくもち込まれたヤウテアも,サトイモに似ているため,現地でもタロと呼ばれることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タロイモ
たろいも
taro

サトイモ科サトイモ属Colocasiaの植物で、オセアニアの熱帯から温帯にかけて広く栽培され、主要な食糧となっているものの総称。いも(地下茎)を食用とするものがほとんどであるが、葉柄や葉身を食用とする品種もある。大部分はC. antiquorum Schottであり、これはいわゆるオセアニアのタロや西インド諸島のダシーンdasheen、アフリカのココヤムcocoyamを含む変種var. antiguorum Schottと、西インド諸島のエドエeddoeや、日本のサトイモが含まれる変種var. esculenta Engl.とに分類されている。ほかにマレーシア原産で日本でも栽培されているハスイモC. gigantea Hook. f.も含まれる。また、インドクワズイモ、キルトスペルマ類もタロイモとよばれる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタロイモの言及

【キルトスペルマ】より

…東マレーシアから南太平洋の島々で,湿地に栽培されるサトイモ科の植物(イラスト)。いわゆるタロイモの仲間。約10種ほどある。…

【農耕文化】より

…さらに前4千年紀から前3千年紀にかけ,この文化は,東方に向かっては中央アジア(トルキスタン)からチベットのオアシス地帯に拡大し,西方に向かっては地中海沿岸からヨーロッパに広がり,今日のヨーロッパ文明の基礎を形づくるに至るのである。
[根栽農耕文化]
 インド東部から東南アジア大陸部にかける熱帯モンスーン地帯では,きわめて古い時代にタロイモやヤムイモなどが栽培化され,マレーシアからオセアニアに至る熱帯森林地帯では,バナナ,パンノキ,ココヤシ,サゴヤシ,サトウキビなどが栽培化された。これらの作物は,いずれも種子によらず,根分け,株分け,挿芽などによって繁殖するため栄養繁殖作物(根栽作物)とよばれ,それを主作物として栽培する農耕文化を根栽農耕文化とよぶ。…

【ポリネシア人】より

…家は一般に開放的であり,壁のあるものとないものがあった。農作物はタロイモ,ヤムイモ,バナナ,ココヤシ,パンノキの実,サツマイモなどであった。とくにタロイモの栽培はさまざまの環境条件に応じた工夫がみられ,棚田や灌漑施設がつくられ,低いサンゴ礁では水がないため,溝を掘って堆肥が入れられていた。…

※「タロイモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タロイモの関連キーワードカバサモア語ポリネシアポリネシア語派ポリネシア人マラヨポリネシア語族トライネシアマレーポリネシア語族ポリネシア諸語マレー・ポリネシア語族

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タロイモの関連情報