コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うおの目(鶏眼) うおのめけいがんCorn

翻訳|Corn

家庭医学館の解説

うおのめけいがん【うおの目(鶏眼) Corn】

[どんな病気か]
 皮膚表面の角質(かくしつ)が部分的に硬くなったもので、たこと似ていますが、痛みがあるのがうおの目(鶏眼)の特徴です。中央に魚または鳥の目のような、角質でできた小さな芯(しん)があるため、この名で呼ばれています。足の裏や足趾(そくし)(足の指)の間、とくに骨の突起が靴にあたる場所によくできます。トゲが刺さっているようなものですから、痛いわけです。
 うおの目とまぎらわしいのが、足の裏にできるいぼ(足底疣贅(そくていゆうぜい))です。ウイルスが原因でできるぶつぶつで、よく見ると、出血による黒褐色点がみられます。うおの目とちがい、力が加わらない場所にもでき、押すよりつまむほうが痛いのが特徴です。
[治療]
 うおの目の処置はたこと同じですが、角質の芯を深くまで取り除かなければ痛みは消えません。ですから皮膚科医にまかせたほうがよいでしょう。
 再発をくり返しますので、ハイヒールや窮屈な靴はやめて楽なものをはき、市販されているうおの目を圧迫から守る穴あきスポンジ(うおの目パッド)を貼(は)るなどして再発を予防します。
 いぼをうおの目とまちがえて削ったりしますと、いぼウイルスが他の場所に感染してしまうことがあります。
 そうならないためにも、皮膚科できちんと診断してもらいましょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

うおの目(鶏眼)の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名皮膚のしくみとはたらき

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android