コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足底疣贅 そくていゆうぜいPlantar Wart

家庭医学館の解説

そくていゆうぜい【足底疣贅 Plantar Wart】

[どんな病気か]
 足の裏に、直径1cm以内の大きさで、皮膚面からやや盛り上がり、表面が粗(あら)くて白っぽい色をした硬い部分ができるいぼです。
 しばしば多発して集まり、モザイク状になります。歩くときに痛みをともないます。また、「尋常性疣贅(いぼ)」で述べたミルメシアが足の裏にできることもあります。
 おもにヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス2型の皮膚感染が原因で、学童期の小児に多く、裸足(はだし)で共同生活する場所(寮、プールなど)で感染すると考えられています。
 足底疣贅は、しばしば鶏眼(けいがん)(うおの目)や胼胝腫(べんちしゅ)(たこ)とまちがわれます。鶏眼や胼胝腫は、靴などによる長期間の摩擦や圧迫が原因ですが、足底疣贅はウイルス感染症ですから、放置しておくとほかの部位にうつります。
[治療]
 足底疣贅は、疣贅表面の角質(かくしつ)が厚いため、まず角質を削り取った後、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と同じ治療を行ないます。削る前に疣贅に角質溶解剤を貼(は)り、角質を軟らかくしておきます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

足底疣贅の関連キーワードうおの目(鶏眼)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android