コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おうの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おうの

1843-1909 幕末-明治時代,高杉晋作(しんさく)の愛人。
天保(てんぽう)14年生まれ。もと下関の妓楼堺屋の抱え芸妓(げいぎ)此の糸。文久3年に晋作とであい,逃避行にもしたがった。慶応3年晋作が死去すると剃髪(ていはつ)して梅処尼と称する。明治17年伊藤博文らが建立した東行庵(とうぎょうあん)で菩提(ぼだい)をとむらった。明治42年8月7日死去。67歳。本名は谷のぶ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

おうのの関連キーワード奈良県生駒郡平群町梨本丸山(見瀬丸山)古墳木村庄之助(24代)奥武山総合運動公園奈良県生駒郡平群町阿武松緑之助小野川喜三郎西伯(文王)漢倭奴国王印漢委奴国王印稲妻雷五郎尊王・尊皇倭奴国王印津田宗達酒池肉林小柳平助鳥毛打ち小柳常吉麦秀の歌伊勢大輔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おうのの関連情報