コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおけなし オオケナシ

デジタル大辞泉の解説

おおけ‐な・し〔おほけ‐〕

[形ク]
態度・言動が、身分・能力・年齢などに比べ、出すぎているさま。身のほどをわきまえない。大胆である。大それている。
「いと―・き心の侍りけると、思しとがめさせ給はむを」〈かげろふ・下〉
おそれ多い。もったいない。
「腹なる児(ちご)は―・くも、琉球国王の世子(よつぎのみこ)と仰がれ」〈読・弓張月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

おおけなしの関連キーワードおっかない

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android