コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおけなし オオケナシ

1件 の用語解説(おおけなしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおけ‐な・し〔おほけ‐〕

[形ク]
態度・言動が、身分・能力・年齢などに比べ、出すぎているさま。身のほどをわきまえない。大胆である。大それている。
「いと―・き心の侍りけると、思しとがめさせ給はむを」〈かげろふ・下〉
おそれ多い。もったいない。
「腹なる児(ちご)は―・くも、琉球国王の世子(よつぎのみこ)と仰がれ」〈読・弓張月

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone