コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国栖 くず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国栖
くず

国樔,国巣とも書く。大和国吉野郡,常陸茨城郡に居住したといわれる住民。 (1) 『古事記』神武天皇の段には,国神イワオシワクノコを「吉野国巣之祖」とする。また『日本書紀応神天皇 19年の条によれば「その人となり,甚だ淳朴なり,毎 (つね) に山の菓を取りて食う,また蝦蟆 (かえる) を煮て上味とす,名づけて毛瀰 (もみ) という」と伝える。応神天皇が吉野宮に行幸した際,国樔人が醴酒 (こざけ) を献じた故事にちなみ,宮中儀礼では「国栖奏」と称し,大嘗会,元日節会 (せちえ) などの神事諸節会に,御贄を献じ歌笛を奏するを例とした。 (2) 『常陸国風土記』には同国の国巣は「つちくも」「やつかはぎ」とも称したとある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くず【×栖/国巣/×樔】

《「くにす」の音変化》
古代、大和吉野川上流の山地にあったという村落。また、その住民。宮中の節会(せちえ)に参り、(にえ)を献じ、笛を吹き、口鼓(くちつづみ)を打って風俗歌を奏した。くずびと。
古代、常陸(ひたち)国茨城郡に住んでいた先住民。つちくも。やつかはぎ。
「―、名は寸津毘古(きつひこ)、寸津毘売(きつひめ)」〈常陸風土記

くず【国栖】[謡曲]

謡曲。五番目物反乱のために吉野の菜摘川に逃れた天武天皇を、老人夫婦が追っ手から隠し、やがて天女蔵王権現が現れて天皇を祝福する。

くに‐す【国×栖/国巣/国×樔】

くず(国栖)」に同じ。
「―らが春菜つむらむ」〈・一九一九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

国栖【くず】

大和(やまと)国吉野川上流地方の古代住民。国巣,国樔とも。交通不便のため古俗を残し,大和朝廷から珍しがられ,平安時代まで節会(せちえ)の際に(にえ)を献じ歌舞を奏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くず【国栖】

古代,奈良県吉野地方にいた土着の住民。国樔,国巣とも書き,国栖人ともいう。《古事記》《日本書紀》で神武天皇の伝説中に石押分(磐排別)(いわおしわけ)の子を〈吉野国巣の祖〉と注しているのが文献上の初見。《日本書紀》応神19年条に,吉野宮へ行幸したときに国樔人が来朝し,醴酒(こざけ)を献じて歌を歌ったと伝える。同条では人となり淳朴で山の菓やカエルを食べたという。その後国栖は栗・年魚(あゆ)などの産物を御贄(みにえ)に貢進し風俗歌を奉仕したようで,《延喜式》では宮廷の諸節会や大嘗祭において吉野国栖が御贄を献じ歌笛を奏することが例とされている。

くず【国栖】

能の曲名。四・五番目物。作者不明。前ジテは国栖の老人。後ジテは蔵王権現。国栖というのは古代の吉野の山人の族名。浄見原(きよみばら)の天皇(天武天皇)(子方)は,大友皇子の襲撃を避けて吉野山に分け入る。川舟を操る老人夫婦(前ジテ・ツレ)の家にかくまわれた天皇は,焼いてくれた国栖魚で食事をし,片身を残して老人に下げ渡す。見ると魚は生き生きとしているので,老人が占いをしてみようと川に放すと,魚は生き返って泳いで行く(〈鮎ノ段〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くにす【国栖】

くず(国栖) 」に同じ。 「 -らが春菜摘むらむ司馬の野の/万葉集 1919

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国栖の関連キーワード吉野川津風呂県立自然公園国栖・国樔・国巣吉野川(奈良県)国栖(奈良県)金剛巌(2代)金剛巌(2世)国栖(山の民)吉野手漉和紙国栖紙・葛紙友枝 喜久夫吉野[町]吉野(町)磐排別之子豊明の節会国栖の奏初番目物国栖の舞松本 長吉野和紙豊明節会

国栖の関連情報