コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おしら様 おしらさま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おしら様
おしらさま

東北地方で旧家を中心に広く祀られている神。オシンメイサマ,オコナイサマなどとも呼ばれ,蚕神あるいは農耕神と考えられている。神体は男女一対が一般的で,30cm程度の棒の先に顔を彫刻し,幾重にも布を着せてある。おしらの祭りではイタコと呼ばれる巫女がおもに司祭し,おしら祭文を語りながら,神体を上下左右に振って遊ばせる。個々の家で祀られるほか,本家分家関係にある家々や組,講で祀られるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おしら‐さま【おしら様】

東北地方に伝わる民間信仰の一。神体は約30センチの桑の一対の棒で、男女や馬の顔を彫ったり描いたりし、「おせんたく」とよぶ布を着せる。農神・蚕神として信仰される。おしらぼとけ。おしんめさま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしらさま【おしら様】

東北・関東・中部地方の民間で信仰されている神。東北では、桑の木などに男女や馬などの頭部を彫り、衣装を着せた30センチメートルほどの偶像。農神とする所が多い。いたこなどの巫女みこが祭文さいもんを唱えてまつる。関東・中部では蚕神とする所が多く、桑の小枝を持つ女人像の軸絵で表される。おしらぼとけ。おしらがみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おしら様の関連キーワード東北地方いたこ東北関東偶像中部

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android