おでこ

精選版 日本国語大辞典「おでこ」の解説

お‐でこ

〘名〙 (「お」は接頭語)
① ひたいが普通以上に出ていること。また、その人。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二「お陰でのお出子(デコ)がへこんだらう」
② 「ひたい(額)」の俗語。
※春(1908)〈島崎藤村〉三一「勝子はすこし肥り過ぎて、いやに隆額(オデコ)のところなぞが光って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「おでこ」の解説

お‐でこ

ひたいが普通以上に出ていること。また、その人。
俗に、額のこと。「おでこをぶつける」
釣りで、獲物が全然ないこと。ぼうず。
[類語]眉間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android