コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おとよ

1840-1914 江戸後期-大正時代の女性。
天保(てんぽう)11年生まれ。江戸向島長命寺境内の桜餅屋2代山本金五郎の娘。美貌(びぼう)で浮世絵にもかかれ,江戸中の評判となる。安政3年ごろ老中阿部正弘に見そめられ側室となるが,翌年正弘が若死にしたため口さがない江戸っ子の噂をよんだ。明治12年ごろ実家にもどった。大正3年9月19日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

おとよの関連キーワード立川(高知県)スギ(杉)子宝三番叟妙高(市)城輪柵跡浅浅しい日向薬師大正時代捏ね返す梶ヶ森敬する流れる豊楽寺磚茶天保手節

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おとよの関連情報