コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おめる おめる

大辞林 第三版の解説

おめる

( 動四 )
さがって並ぶ。ずれて並ぶ。 「三位の宰相は中納言の末に-・る也/建武年中行事」
ずれて重なっていて、下の物の端が少し出ている。 「衣の襟袖の口と襟との内へ-・る所にあかいを付くるぞ/毛詩抄 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

おめるの関連キーワード怖めず臆せず建武年中行事おめおめ怖む詩抄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android