建武年中行事(読み)けんむねんじゅうぎょうじ

  • けんむねんじゅうぎょうじ ケンムネンヂュウギャウジ
  • けんむねんじゅうぎょうじ〔ケンムネンヂユウギヤウジ〕
  • けんむねんちゅうぎょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝廷で行われる1年間の恒例臨時行事作法装束などを記した書。3巻。後醍醐天皇。 1330年代の成立。現在は,恒例の年中行事の部のみが伝存し,臨時の部は伝わっていない。『西宮記』『北山抄』『江家次第』など,従来の有職書が漢文であるのに対し,和文で書かれていて,国語資料としても貴重である。鎌倉幕府を倒した天皇が,天皇親政の理想実現の一環として,旧儀復興をはかった意欲がうかがわれる。『群書類従』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

後醍醐天皇が著した有職書。1334年(建武1)成立。3巻。もとは《秘記》《御抄》《和字年中行事》といった。内容は朝廷における年中行事を正月四方拝から十二月追儺までを月ごとに和文で記す。すたれていた朝儀の再興を意図したもので,建武新政の一環をなす。《群書類従》《列聖全集》《皇学叢書》に所収。【清田 善樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

有職書。後醍醐天皇撰。三巻。建武年間(1334~1336)成立。恒例の年中行事について和文で解説したもの。秘記・御抄・和字年中行事とも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南北朝時代の朝廷の年中行事書。3巻があり、後醍醐(ごだいご)天皇の作。『仮名(かな)年中行事』『年中公事記(くじき)』などの別名もある。正月の「四方拝」「御薬(みやく)を供(くう)す」から、12月の「追儺(ついな)」に至る諸行事について仮名で書かれている。内容は式次第のみで、行事の起源来歴には触れていない。おそらく本書は、建武新政期における朝儀の執行の手引という実践的目的のために作成されたものであろう。[酒井信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

南北朝時代の有職故実書。三巻。後醍醐天皇著。建武年間(一三三四‐三八)頃成立。朝廷で正月から一二月まで行なわれる恒例の年中行事を和文で記したもの。朝儀復興という天皇の目的意識が込められている書。秘記、御抄、和字年中行事とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

後醍醐 (ごだいご) 天皇が著した朝廷恒例の年中行事の解説書
1334年ころ成立。3巻。正月の四方拝から歳末の追儺 (ついな) (悪鬼を追い払うための儀式)までの宮中の行事を仮名書きにしたもので,後世の有職 (ゆうそく) 書に大きな影響を与えた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の建武年中行事の言及

【公事根源】より

…1422年(応永29),または翌年の成立。朝廷の公事の基本を示す儀式書であり,後醍醐天皇の《建武年中行事》を基本にし,また二条良基の《年中行事歌合》の判詞を抄出し,改題して将軍に献上したものといわれている。行事の内容を月の順序で記し,それぞれの行事の起源,沿革,特質等についてのべており,後世,盛んに利用され,注釈書も多く作られた。…

※「建武年中行事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android