コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武年中行事 けんむねんじゅうぎょうじ

6件 の用語解説(建武年中行事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建武年中行事
けんむねんじゅうぎょうじ

朝廷で行われる1年間の恒例,臨時の行事の作法や装束などを記した書。3巻。後醍醐天皇の著。 1330年代の成立。現在は,恒例の年中行事の部のみが伝存し,臨時の部は伝わっていない。『西宮記』『北山抄』『江家次第』など,従来の有職書が漢文であるのに対し,和文で書かれていて,国語資料としても貴重である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんむねんじゅうぎょうじ〔ケンムネンヂユウギヤウジ〕【建武年中行事】

南北朝時代の有職故実書。3巻。後醍醐天皇撰。建武元年(1334)成立。朝廷における年中行事を記した書。秘記。御抄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建武年中行事【けんむねんちゅうぎょうじ】

1334年(建武1年)後醍醐(ごだいご)天皇が著した有職書。《秘記》《御抄》《和字年中行事》とも。朝儀復興を意図し,正月の四方拝から12月の追儺(ついな)までの年中行事を国文(和文)で記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんむねんちゅうぎょうじ【建武年中行事】

後醍醐天皇が著した有職書。1334年(建武1)成立。3巻。もとは《秘記》《御抄》《和字年中行事》といった。内容は朝廷における年中行事を正月四方拝から十二月追儺までを月ごとに和文で記す。すたれていた朝儀の再興を意図したもので,建武新政の一環をなす。《群書類従》《列聖全集》《皇学叢書》に所収。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんむねんじゅうぎょうじ【建武年中行事】

有職書。後醍醐天皇撰。三巻。建武年間(1334~1336)成立。恒例の年中行事について和文で解説したもの。秘記・御抄・和字年中行事とも。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建武年中行事
けんむねんじゅうぎょうじ

南北朝時代の朝廷の年中行事書。3巻があり、後醍醐(ごだいご)天皇の作。『仮名(かな)年中行事』『年中公事記(くじき)』などの別名もある。正月の「四方拝」「御薬(みやく)を供(くう)す」から、12月の「追儺(ついな)」に至る諸行事について仮名で書かれている。内容は式次第のみで、行事の起源来歴には触れていない。おそらく本書は、建武新政期における朝儀の執行の手引という実践的目的のために作成されたものであろう。[酒井信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建武年中行事の言及

【公事根源】より

…1422年(応永29),または翌年の成立。朝廷の公事の基本を示す儀式書であり,後醍醐天皇の《建武年中行事》を基本にし,また二条良基の《年中行事歌合》の判詞を抄出し,改題して将軍に献上したものといわれている。行事の内容を月の順序で記し,それぞれの行事の起源,沿革,特質等についてのべており,後世,盛んに利用され,注釈書も多く作られた。…

※「建武年中行事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建武年中行事の関連キーワード万里小路藤房北畠具行禁秘抄成良親王議定所元応元亨続後拾遺和歌集南北朝《後醍醐天皇隠岐の配所》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone