おれそれ(読み)オレソレ

デジタル大辞泉の解説

おれ‐それ

あれこれ。何やかや。
「傍輩中の―も中よく見ゆる中庭より」〈浄・廿四孝
あれこれの作法。人との対応。
「お屋敷様へ上げておきますと、―がどこか違って参ります」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おれそれ

挨拶あいさつ。作法。 「乗合の気さんじは、-なしに横に寝て/浮世草子・色三味線」
何やかや。あれこれ。 「傍輩中の-も中よく見ゆる/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android