おれそれ(読み)オレソレ

デジタル大辞泉の解説

おれ‐それ

あれこれ。何やかや。
「傍輩中の―も中よく見ゆる中庭より」〈浄・廿四孝
あれこれの作法。人との対応。
「お屋敷様へ上げておきますと、―がどこか違って参ります」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おれそれ

挨拶あいさつ。作法。 「乗合の気さんじは、-なしに横に寝て/浮世草子・色三味線」
何やかや。あれこれ。 「傍輩中の-も中よく見ゆる/浄瑠璃・廿四孝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おれ‐それ

〘名〙
何やかや。あれこれ。
浄瑠璃・傾城酒呑童子(1718)三「人のおれそれ、世の中の義理順義(じゅんぎ)を知るがさいご」
② あれこれの行儀作法。応対。あいさつ。
浮世草子・傾城色三味線(1701)湊「乗相の気さんじは、おれそれなしに横にねて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android