コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お染・半九郎(読み)おそめ・はんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お染・半九郎 おそめ・はんくろう

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の登場人物。
旗本菊地半九郎は祇園(ぎおん)の遊女お染を,家宝の刀を金にかえ身請けしようとするが,たまたま友人の弟を殺してしまい,ふたりは心中する。寛永3年(1626)京都鳥辺山でおきた心中事件を題材に近松門左衛門が作品化。大正4年には岡本綺堂戯曲「鳥辺山心中」が評判となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内のお染・半九郎の言及

【鳥辺山心中】より

…近代的な恋愛至上主義をうたいあげた名作で,脚本に指定された古風な義太夫も新鮮にひびき,〈清きおとめと恋をして〉〈鳥辺の山を死場所と〉などの名せりふで一世を風靡した。初演の左団次・松蔦以降,3世寿海・2世芝鶴から,10世市川海老蔵・5世坂東玉三郎に至るまで,お染・半九郎は多くのコンビによって繰り返し上演され,古典としての位置を得ている。遊女お染も,従来の遊女の類型を破った美しさがみられ,半九郎も純情な青年の多感さを遺憾なく表現,近代的な人物像の一種の典型を示している。…

※「お染・半九郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android