コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥辺山心中 とりべやましんじゅう

5件 の用語解説(鳥辺山心中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥辺山心中
とりべやましんじゅう

戯曲,歌舞伎作品。岡本綺堂作。1幕2場。 1915年9月本郷座で2世市川左団次一座により初演。「杏花戯曲十種」に加えられ,菊池半九郎は2世左団次の当り役となった。お染半九郎の芝居,巷説をもとに,竹本 (→ちょぼ ) の使用など歌舞伎の手法を取入れながら,新しい観点に立って創作された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とりべやましんじゅう〔とりべやまシンヂユウ〕【鳥辺山心中】

岡本綺堂の戯曲。新歌舞伎の一。大正4年(1915)初演。親友の弟を討った旗本菊地半九郎と、祇園の遊女お染との鳥辺山での心中を題材としたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とりべやましんじゅう【鳥辺山心中】

戯曲。1幕2場。岡本綺堂作。1915年9月東京本郷座初演。配役は菊地半九郎を2世市川左団次,遊女お染を3世市川松蔦,坂田源三郎市川寿美蔵(のちの3世寿海)。地唄《鳥辺山》からの着想による。綺堂劇中でも一,二を争う人気狂言。杏花戯曲十種の一。将軍上洛に従った旗本菊地半九郎は,祇園の遊女お染の汚れをしらぬ初心な風情にひかれ,家宝の刀に替えても彼女を身請けして親もとへ帰してやろうとする。たまたま同輩の坂田市之助と茶屋で遊んでいる折,半九郎は市之助の弟源三郎と口論をし河原で果し合いの末,ついに討ち果たしてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とりべやましんじゅう【鳥辺山心中】

新歌舞伎の一。岡本綺堂作。1915年(大正4)東京本郷座初演。果たし合いで人を殺した旗本菊地半九郎は、その遠因となった遊女お染と鳥辺山で心中する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥辺山心中
とりべやましんじゅう

岡本綺堂(きどう)の戯曲。一幕二場。1915年(大正4)9月東京・本郷座で、2世市川左団次の菊地半九郎、2世市川松蔦(しょうちょう)のお染により初演。将軍に供して上洛(じょうらく)した菊地半九郎は、祇園(ぎおん)の遊女で純情無垢(むく)なお染となじみを重ねたが、江戸へ帰るに際し、家重代の刀を売ってお染を請け出し親元へ帰してやろうとする。しかし友人坂田市之助との酒宴の席上、その弟源三郎が半九郎を不行跡となじったことから口論となり、四条河原で果たし合いのすえ、これを討つ。半九郎は死を決意し、お染も従って鳥辺山へ心中の道を急ぐ。江戸期の巷説(こうせつ)に材をとり、歌舞伎(かぶき)の手法を継承しているが、人間味ある新鮮な解釈で観客の共感をよんだ。初演以来大好評を博し、いまもって上演頻度は高い。2世左団次の「杏花(きょうか)戯曲十種」の一つ。[菊池 明]
『『岡本綺堂戯曲選集4』(1958・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥辺山心中の関連キーワード額田六福岡本綺堂修禅寺物語番町皿屋敷小栗栖の長兵衛尾上伊太八皿屋敷修善寺〈町〉岡田禎子中野実

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥辺山心中の関連情報