コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お里・沢市 おさと・さわいち

百科事典マイペディアの解説

お里・沢市【おさと・さわいち】

壺坂(つぼさか)霊験記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お里・沢市 おさと・さわいち

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎の登場人物。
女房お里は夫沢市の眼病をなおすため毎晩,大和(奈良県)の壺坂(つぼさか)寺の観音にもうでる。お里の貞節と信心がみのり,観音様の霊験により沢市の目がひらく。この話は明治時代になり「壺坂霊験記」の外題で定着して人気をえた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お里・沢市の関連キーワードおもな浪花節の演目松平 国十郎松本喜三郎霊験記浄瑠璃壺阪寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android