コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かいの カイノ

デジタル大辞泉の解説

かい‐の

[連語]《終助詞「かい」+終助詞「の」。近世語》文末に付けて用いる。
疑いをもって尋ねかけたり、確かめたりする意を表す。
「こんな時に客引いてくれそなものではない―」〈浄・丹波与作
反語の意を表す。
「はて軽口(かるくち)の段―」〈浄・曽根崎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいの

( 連語 )
〔終助詞「かい」に終助詞「の」の付いたもの。近世語〕
文の末尾に用いられる。
疑って尋ねたり、確かめたりする気持ちを表す。 「わしはどうならうとも、聞きたうもない-/浄瑠璃・曽根崎心中」
反語の意を表す。 「女房をおがむこと-/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かいのの関連キーワードCome On A My HouseUltra Music PowerReal Sexy!関風ファイティング静岡県富士宮市内野Sexy Zone黄檗希運・黄蘗希運河内母樹馬飼御狩聞き做す・聞做すビザンチン教会無責任ヒーロー藤原資季(1)県犬養橘三千代雇女・雇仲居ココノール湖乞食の系図話梵網菩薩戒雨宮敬次郎闇の夜の錦空に標結う

かいのの関連情報