コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかぐる カカグル

デジタル大辞泉の解説

かかぐ・る

[動ラ四]
手さぐりで探し求める。たどる。
「いとまだ夜深く暗かりければ、―・り出でむと思へども」〈大和・附二二〉
すがる。つかまる。
「柱より―・り下るる者あり」〈宇治拾遺・一〇〉
[補説]他の動詞と複合した形で用いられることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

かかぐるの関連キーワード徳永 直徳永直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android