コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かぎやで風 カギヤデフウ

デジタル大辞泉の解説

かぎやで‐ふう【かぎやで風】

沖縄古典音楽の一。三線(さんしん)を伴う歌曲で、祝儀の席や演奏会などで冒頭に歌われる。本歌に「かぎやで風のつくり云々…」の歌詞があるところからの名称。原義は「鍛冶屋手風」とも「冠者手風」ともいうが未詳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

かぎやで風(ふう)

沖縄県の民謡祝唄。『かぎゃで風』『かじゃでぃ風』とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

かぎやで風の関連キーワード金武 良仁沖縄県御前風端踊三線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かぎやで風の関連情報