かやかや(読み)カヤカヤ

デジタル大辞泉の解説

かや‐かや

[副]
がやがや」に同じ。
「御随身ども―と言ふを制し給ひて」〈宿木
声高に笑う声を表す語。からから。
「折々大きやかなる声で―と笑って」〈滑・浮世床・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かやかや

( 副 )
(多く「と」を伴って)
がやがや」に同じ。 「御随身ども-と言ふを制し給ひて/源氏 宿木
声高に笑うさま。 「よよと泣いたり、-と笑つたり/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かや‐かや

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 多くの人々が騒がしく声を立てるさまを表わす語。今日では「がやがや」と濁音の形で用いる。
※源氏(1001‐14頃)宿木「御随身どもも、かやかやと言ふを、制し給て」
② 声高く笑うさまを表わす語。
※四河入海(17C前)一三「小児はかやかやと云て喜て」
③ カラスの鳴く声を表わす語。かあかあ。
※俳諧・望一後千句(1652)四「秋の霜みちぬる雲のおひたたし かやかやとして鴉なく声」
[補注]古く、濁音の表記はしなかったので、①の中古の例は清音であったのか、濁音であったのかはっきりしない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android