コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からとりいも

デジタル大辞泉プラスの解説

からとりいも

秋田県、山形県などで生産されるサトイモの一種。葉柄には赤茎系、青茎系がある。庄内地方では明治以前から栽培されており、葉柄(ズイキ)は乾燥もしくは生のまま茹でて汁物の具などとし、親芋小芋は煮物などにして食する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android