コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かるかん

デジタル大辞泉プラスの解説

かるかん

鹿児島県を中心とする九州地方の名物菓子。米粉、砂糖、山芋のすりおろしを加えて練り合わせ蒸したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

かるかん[菓子]

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
鹿児島を代表する蒸し菓子江戸時代から製造されている。山芋・砂糖・うるち米を荒挽きにした粉を使用。水を加えて、ふっくらと蒸し上げる。現在では、餡の入ったかるかん饅頭が主。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

かるかんの関連キーワード薯蕷羹・藷蕷羮鹿児島(市)まんじゅう郷土菓子薩摩大使早野勘平ナガイモタルト鹿児島棹菓子ふくれ生菓子軽羹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かるかんの関連情報