があがあ

精選版 日本国語大辞典「があがあ」の解説

があ‐があ

[1] 〘
アヒルやカラスなどの鳴く声を表わす語。
浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)三「まちっと寝よふと思ふまに、あほうがらすのがあがあは、何時しらずよ」
② 騒がしく声をたてるさま。
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「何やらわからぬことばにてガアガアがなりて」
[2] 〘名〙 江戸時代、銭四百文をいう、船頭の通用語。「があ」が二百文で、それを重ねた「があがあ」は倍の四百文になる。アヒルの鳴き声や、また、アヒルと呼ばれた江戸深川、佃島(つくだじま)の私娼に掛けていうこともある。
※洒落本・玉之帳(1789‐1801頃)三「弐百のことをガアと申ます。ガアを二(ふたつ)で一本になりますから、泊が出来ます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「があがあ」の解説

があ‐があ

[副]
アヒルなどの鳴き声を表す語。「ガチョウがあがあ(と)鳴く」
うるさく大きな音がするさま。また、不平不満などをうるさく言うさま。「からがあがあ言われてはたまらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android