コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常口 ヒジョウグチ

3件 の用語解説(非常口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひじょう‐ぐち〔ヒジヤウ‐〕【非常口】

建物や車両で、火災・事故などの非常時の避難に使用する出入り口

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひじょうぐち【非常口】

建物や乗り物で、火事や事故など危急のときに逃げるための出入り口。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

非常口
ひじょうぐち
emergency exit

災害や事故が発生したとき、建築物や船舶、車両などの中にいる人が避難するための出入口。通常、避難口を示す記号、もしくは非常口という文字によってその位置が表示されている。非常口に要求される性能は、その位置がすぐに見分けられること、内側から容易に開放できること、障害なく通過できること、である。不特定多数の人々が集まるところでは、非常口の位置や数、非常口までの距離についての十分な配慮が必要である。建築物の非常口は避難口ともよばれ、避難に関連づけて、その性能や構造が規定されている。位置をわかりやすくするために誘導灯が義務づけられている。また内側からの開放を可能とするために施錠装置の構造を定めている。アメリカでは避難者が非常口にぶつかっただけで解錠するパニックバーが普及している。障害なく通過できるように、劇場などの客席からの出口は外開きにすることなどが定められている。[室崎益輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非常口の関連キーワード救命器団地保険人身事故半鐘非常食アートデザイナー等級据え置き事故車両火災予防運動非常事態用食品偶然事故

非常口の関連情報