ぐたぐた(読み)グタグタ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐた‐ぐた

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① =くたくた()①
※歌舞伎・初霞空住吉(かっぽれ)(1886)「気は付いたが、ぐたぐたと体に少しもたわいがない」
② =くたくた(一)③
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉KとT「何かぐたぐたと煮えて、湯気が白く颺(あが)った」
③ とりとめのないことを長々としゃべるさま。また、不平不満を並べ立てるさまを表わす語。ぐずぐず。ぐだぐだ
※解体の日暮れ(1966)〈杉浦明平〉一一「酔っぱらって議場にあらわれて、ぐたぐたとしゃべるのがつねであった」
[2] 〘形動〙
① =くたくた(二)
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉四「土砂を掛けられた様に直ぐグタグタになる気遣は無ヱ」
② 泥酔しているさま。ぐてんぐてん。
忠直卿行状記(1918)〈菊池寛〉三「無礼講の酒宴に、グタグタに酔ってしまった若武士達は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐたぐたの関連情報