コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠直卿行状記 ただなおきょうぎょうじょうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠直卿行状記
ただなおきょうぎょうじょうき

菊池寛の小説。 1918年発表。越前国の藩主松平忠直は,徳川家康の孫として気ままに育ったが,家臣たちの阿諛追従を嫌って真実を探ろうとし,さまざまな手段を尽すが,ついに報われない。しかし,真実追求の狂気は果てることなく,ために家は改易になり,地位を離れて初めて安らかな生活に入る。暴君と称された忠直の心理に新しい解釈を与えたもので,作者の出世作となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

忠直卿行状記の関連キーワード市川 雷蔵(8代目)テーマ小説菊池 寛腐り付く生生世世森一生瀟洒冒涜蕭殺柳営硬直旺然洶涌豊満無辜死諫寂然微瑕強諫嫡嫡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android