コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮れ ヒグレ

4件 の用語解説(日暮れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぐれ【日暮れ】

日の暮れるころ。夕暮れ。たそがれ。
日没後、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。→夜明け

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひぐれ【日暮れ】

一般にはたそがれどき,明るい星が見え始めるころをいうが,貞享暦の採用(1685)によって定着した社会時刻制度(不定時法)では〈明け六つ〉の夜明けとともに,時刻の起点〈暮れ六つ〉を定義するものとして厳密に用いられた。すなわち,貞享暦では,日の出の2刻半前を夜と昼の境目としてその時刻を明け六つ,日没の2刻半後を日暮れと定義し暮れ六つとした。当時の天文学では1日を100等分し,その1を刻と称したので,2刻半は現代の時法で36分に相当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひぐれ【日暮れ】

〔「ひくれ」とも〕
太陽の沈む時分。夕暮れ。夕方。
日没後、太陽の中心が地平線下7度21分40秒にある時刻。暮れ六つの時刻。 → 夜明け

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日暮れ
ひぐれ

太陽の中心の俯角(ふかく)が7度21分40秒にあたる時刻である。江戸時代、「宝暦(ほうれき)暦」以前は、日暮れは日の入り時刻に昏明(こんめい)分二刻半(現在の時間で36分)を加えた時刻であったが、「寛政(かんせい)暦」以後は、昏明分を一定としないで、京都で春分・秋分の日に日の入り後二刻半における太陽の俯角をもって昏明時の太陽の俯角と定めた。これを計算すると7度21分40秒となり、常用薄明の終わりころの時刻にほぼ相当する。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日暮れの関連情報