コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日暮れ ヒグレ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぐれ【日暮れ】

日の暮れるころ。夕暮れ。たそがれ。
日没後、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。→夜明け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひぐれ【日暮れ】

一般にはたそがれどき,明るい星が見え始めるころをいうが,貞享暦の採用(1685)によって定着した社会時制度(不定時法)では〈明け六つ〉の夜明けとともに,時刻の起点〈暮れ六つ〉を定義するものとして厳密に用いられた。すなわち,貞享暦では,日の出の2刻半前を夜と昼の境目としてその時刻を明け六つ,日没の2刻半後を日暮れと定義し暮れ六つとした。当時の天文学では1日を100等分し,その1を刻と称したので,2刻半は現代の時法で36分に相当する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひぐれ【日暮れ】

〔「ひくれ」とも〕
太陽の沈む時分。夕暮れ。夕方。
日没後、太陽の中心が地平線下7度21分40秒にある時刻。暮れ六つの時刻。 → 夜明け

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日暮れ
ひぐれ

太陽の中心の俯角(ふかく)が7度21分40秒にあたる時刻である。江戸時代、「宝暦(ほうれき)暦」以前は、日暮れは日の入り時刻に昏明(こんめい)分二刻半(現在の時間で36分)を加えた時刻であったが、「寛政(かんせい)暦」以後は、昏明分を一定としないで、京都で春分・秋分の日に日の入り後二刻半における太陽の俯角をもって昏明時の太陽の俯角と定めた。これを計算すると7度21分40秒となり、常用薄明の終わりころの時刻にほぼ相当する。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日暮れの関連キーワード掻い暗み時・搔い暗み時夕陰・夕影入相の鐘日が高いブルームからっ風サドラー暮れ易い日の暮れ大矢数日一日夕暮れ通し矢犬走り和時計行迷う降暮す暮れ方辻占暗暗

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日暮れの関連情報