コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くたくた クタクタ

デジタル大辞泉の解説

くた‐くた

[副]
物がよく煮えている音。また、そのさま。ぐつぐつ。ぐたぐた。「くたくた(と)煮える鍋」
疲れたり弱ったりして、力の抜けたさま。また、古くなって張りのなくなったさま。
「法師は―と絶え入りて」〈著聞集・一〇〉
細かくなるさま。ずたずた。
「杖の―と折るるほど打ちたれば」〈弁内侍日記
[形動]
疲れたり弱ったりして、力の抜けたさま。「くたくたに疲れる」
古くなって張りがなくなったさま。「着古して、くたくたになった服」
物が煮えて原形をとどめなくなったさま。「くたくたになるまで煮る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くたくた

[2][1] ( 副 )
(「と」を伴っても用いる)
物の形がくずれるほどによく煮るさま。また、そのときの音を表す語。ぐたぐた。ぐつぐつ。 「 -と煮込む」
疲れたり弱ったりして張りを失ったさま。ぐたり。ぐにゃぐにゃ。 「気を失って-とくずおれる」
物が、細かくなってしまうさま。ずたずた。こなごな。 「背骨を打ち切りて、-となしつ/宇治拾遺 12
[0] ( 形動 )
からだがひどく疲れて力が抜けたさま。 「一日歩いて-だ」
服などの形がくずれたさま。 「雨にぬれて-になった洋服」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くたくたの関連キーワード撓垂れ掛かる・撓垂れ掛る綿のように疲れる河童(妖怪)足を棒にする打ち萎れるぐたぐたくなくな萎えばむ疲れ切る萎え萎え花疲れ法師来る張り原形

くたくたの関連情報