コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいせい反魂香 けいせいはんごんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

けいせい反魂香
けいせいはんごんこう

浄瑠璃。別題『傾城反魂香』『契情反魂香』など。時代世話物。3段。近松門左衛門作。宝永5 (1708) 年頃大坂竹本座初演。絵師狩野元信の 150年忌にあたり,それをあてこんで大津絵の画題を詞章に取入れた作品。また同年2月,当時の人気役者1世中村七三郎が急死したことから,かつて大当りをとった『けいせい浅間嶽』を下敷きに,別の当り役名古屋山三を活躍させるよう書かれたともいわれる。狩野元信が自分を慕う傾城遠山の助けにより,六角頼賢の娘銀杏 (いちょう) と結ばれる筋で,反魂香の景事 (けいごと) の文章が特にすぐれ,近松の傑作の一つ。 (→吃又〈どもまた〉)

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

けいせい反魂香の関連キーワード中村梅玉(3世)出口の柳浅間物藤娘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android