吃又(読み)どもまた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吃又
どもまた

人形浄瑠璃けいせい反魂香』上の巻の切「将監閑居」の場の通称。近松門左衛門作。初演は宝永5(1708)年。絵師浮世又平は女房お徳とともに土佐の名を受けたいと師土佐光信に願い出るが許されない。絶望した又平は自害を決意し,石塔に見立てた手水鉢の石に自分の姿を描くとそれが裏面に抜け出る。その気迫と技量に感じた光信は又平に土佐光起の名を与える。下敷きとされる『けいせい浅間嶽』の脇役を演じた道化方山田甚八の愁いを含んだおかしみのある芸風が,近松の又平像をつくったといわれる。吃音で愚直な又平に,能弁で情のある妻を配し,貧しい絵師夫婦の哀歓を盛り上げて人気があり,今日ではこの場だけが独立して上演される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

吃又【どもまた】

近松門左衛門作の浄瑠璃《傾城反魂香(けいせいはんごんこう)》(1708年初演)の上の巻〈将監住家〉の通称。画家土佐将監の娘と,狩野元信悲恋が中心の劇だが,この部分は将監の弟子吃(どもり)の又平が死を決して描いた絵で奇跡をあらわし土佐光起の名を受ける話。歌舞伎でも上演される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どもまた【吃又】

人形浄瑠璃「傾城反魂香」上の巻「将監閑居」の場の通称。また、吃又平どものまたへいの略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android