けけれ

精選版 日本国語大辞典の解説

けけれ

〘名〙 「こころ(心)」の変化した語。上代の東国方言という。多く「けけれなく」の形で用いる。けけら
※風俗歌(9C前‐11C中か)甲斐「甲斐が嶺を さやにも見しかや 介々礼(ケケレ)なく 介々礼(ケケレ)なく 横ほり立てる さやの中山」
※金槐集(1213)雑「たまくしげ箱根のみうみけけれあれや二国かけてなかにたゆたふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android