風俗歌(読み)ふうぞくうた

精選版 日本国語大辞典「風俗歌」の解説

ふうぞく‐うた【風俗歌】

〘名〙 古代、地方の国々に伝承されていた謡。特に、平安時代宮廷や貴族社会の宴遊などに歌われた、主として東国地方の歌謡をいう。風俗舞に合わせて歌われた歌。くにぶり。ふうぞく。ふぞく。風俗の歌。ふぞくうた。
※日本後紀‐延暦二三年(804)一〇月辛亥「播磨国司奉献、奏風俗歌

ふぞく‐うた【風俗歌】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風俗歌」の解説

ふぞく‐うた【風俗歌】

古代、地方の国々に伝承されていた歌。平安時代、宮廷や貴族社会に取り入れられ、宴遊などに歌われた。国風くにぶり。国風歌。風俗ふぞく。ふうぞくうた。

ふうぞく‐うた【風俗歌】

ふぞくうた(風俗歌)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の風俗歌の言及

【風俗】より

…風俗歌ともいう。広義には地方民謡,狭義にはそのうちとくに平安貴族に愛好された数十曲を指す。…

※「風俗歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android