コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けち けち

大辞林 第三版の解説

けち

[1] ( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
出すべき金銭や品物を必要以上に惜しむこと。また、そのようなさまや人。吝嗇りんしよく。 「 -な人」
貧弱で取るに足りないこと。くだらないこと。また、そのさま。 「 -な商売を営む」
こせこせして卑しいこと。気持ちのせまいこと。また、そのさま。 「 -な考え」 「文句をつけるような-な男ではない」
不吉なことの前兆、またそのように思われるさま。縁起の悪いこと。 「短冊をお寺でもらふ-な事/柳多留 21
景気のよくない・こと(さま)。 「あんまり-な此時節/浄瑠璃・神霊矢口渡」
[派生] -さ ( 名 )
( 接頭 )
〔近世語〕 形容詞に付いて、卑しめののしる意を添える。 「 -ふとい二才野郎ぢやな/歌舞伎・幼稚子敵討」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

けちの関連キーワード出すことは舌を出すのも嫌い塔の岩オートキャンプ場本谷オートキャンプ場虱の皮を千枚に剥ぐ虱の皮を千枚に剝ぐ締まり屋・締り屋穴の穴が小さい財布の紐が長い金持ち金使わず武市半平太墓難を付ける明智左馬助武市半平太明智光春松平武元しわいやけちん坊二川松陰守銭奴吝ん坊

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けちの関連情報