一世一代(読み)いっせいちだい

精選版 日本国語大辞典「一世一代」の解説

いっせ‐いちだい【一世一代】

〘名〙 (「一世」も「一代」も人の一生をいう語。「一世一度」の類推転化から生じた語という)
① 一生のうち、ただ一度であること。またとないようなこと。一代一世
※浮世草子・好色盛衰記(1688)二「首尾する一夜を、一世(セ)一代(ダイ)の事のやうに思ひて」
鳥獣戯話(1962)〈花田清輝〉二「一世一代の智恵をしぼり」
② 能・歌舞伎の役者が、引退などを前に、以後再びその芸を演じない決心で、りっぱな舞台をつとめること。また、その舞台。舞台納め。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「可楽(からく)は一世一代(イッセイチデヘ)をしたぢゃアねへか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「一世一代」の解説

一世一代

一生のうち、ただ一度であること。またとないようなこと。

[活用] ―の大仕事。

[使用例] けなげな望みをすてかねたかれは、一世一代の智恵をしぼり[花田清輝*鳥獣戯話|1960~62]

[使用例] もう駄目だ。私の一世一代のもくは見事に外れたわ[井上光晴心優しき叛逆者たち|1969]

[解説] 「一世」も「一代」も人の一生をいう語。「一世一度」の類推、転化から生じた語といわれます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「一世一代」の解説

いっせ‐いちだい【一世一代】

一生に一度だけであること。特に、一生に一度の晴れがましいこと。「一世一代の大仕事」
役者などが、引退などの前に一生の仕納めとして演じる晴れの舞台。舞台納め。「一世一代の熱演」
[補説]この語の場合、「一世」を「いっせい」とは読まない。
[類語]又と無い又無い又と二度と二度と再びめった千載一遇得難いまれかけがえのない希有けう盲亀もうき浮木ふぼく一期一会いちごいちえ見せ場決め所思いがけない思いがけず待てば甘露の日和ひよりあり折よく僥倖ぎょうこうここぞ最初で最後図らずも決定的瞬間契機

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「一世一代」の解説

いっせいちだい【一世一代】

芸能用語。老齢に達した能や歌舞伎の役者などが,引退を覚悟してつとめる最後の舞台,またはその演技をいう。舞台納め。歌舞伎役者の場合は,これを番付の上に大きくうたう。〈一世〉も〈一代〉も人の一生をいう語で,語義からだけいえば重言。〈一生一度〉の意が強調されて転化したともいう。芸人が舞台に生命を賭けてきたことが知れる,日本の芸の特質がのぞいている用語である。【上原 輝男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android