コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料簡/了見/了簡 リョウケン

1件 の用語解説(料簡/了見/了簡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう‐けん〔レウ‐〕【料簡/了見/了簡】

[名](スル)
考え。思慮。分別。「悪い―を起こす」
考えをめぐらすこと。
「好く―して前後を考えて見たら」〈紅葉金色夜叉
こらえること。堪忍。
「熊胆が出るや否や帰って仕舞ったと云う事がちゃんと分ったから、書生さん中々―しない」〈福沢福翁自伝
とりはからい。処置。
「このことを語りなばいかなる―もありやせんと思ひ」〈伽・猿源氏〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone