吝嗇(読み)ケチ

デジタル大辞泉「吝嗇」の解説

けち

[名・形動]
(「嗇」とも書く)むやみに金品を惜しむこと。また、そういう人や、そのさま。吝嗇(りんしょく)。「何事につけてもけちな男だ」
粗末なこと。価値がないこと。また、そのさま。貧弱。「けちな賞品をもらった」
気持ちや考えが卑しいこと。心が狭いこと。また、そのさま。「けちな振る舞いをするな」「けちな料簡」「けちな根性」
縁起の悪いこと。不吉なこと。また、難癖(なんくせ)。
景気が悪いこと。また、そのさま。不景気。
「あんまり―な此の時節」〈浄・矢口渡
[派生]けちさ[名]

りん‐しょく【××嗇】

[名・形動]ひどく物惜しみをすること。また、そのさま。けち。「吝嗇な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「吝嗇」の解説

りん‐しょく【吝嗇】

〘名〙 (形動) 物惜しみをすること。しわいこと。また、そのさま。けち。〔文明本節用集(室町中)〕
※仮名草子・智恵鑑(1660)一「吝嗇(リンショク)といへるはつかふべき事にも財をおしみ、たくはへつまん事のみを願ひて、しはき事なり」 〔魏志‐曹洪伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android