コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けんけら

2件 の用語解説(けんけらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

けんけら

福井県の名物菓子。大豆を粗挽きし白胡麻、水飴・砂糖を加えて加熱し、短冊状に切ってねじって仕上げたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

けんけら
けんけら

福井県大野市の銘菓。粗びき大豆を砂糖、水飴(みずあめ)で固めて焙炉(ほいろ)にかけ、きな粉をまぶした香ばしいねじり菓子。創製は寛元(かんげん)年間(1243~47)とされる。永平寺の僧健径羅(けんけいら)が、師のためにつくったことから、けんけらの菓名になったといわれる。実際は焙炉でからからに乾燥させるので、軽やかな音をそのまま菓名にしたようである。1711年(正徳1)から続いている朝日屋が、けんけら売りの元祖といわれている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けんけらの関連キーワード木地挽き粗挽き羽二重餅豆平糖ケンピこくせん大豆飴ふくれ菓子豆らくがん都饅頭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone