コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けんけら

デジタル大辞泉プラスの解説

けんけら

福井県の名物菓子。大豆を粗挽きし白胡麻水飴・砂糖を加えて加熱し、短冊状に切ってねじって仕上げたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

けんけら
けんけら

福井県大野市の銘菓。粗びき大豆を砂糖、水飴(みずあめ)で固めて焙炉(ほいろ)にかけ、きな粉をまぶした香ばしいねじり菓子。創製は寛元(かんげん)年間(1243~47)とされる。永平寺の僧健径羅(けんけいら)が、師のためにつくったことから、けんけらの菓名になったといわれる。実際は焙炉でからからに乾燥させるので、軽やかな音をそのまま菓名にしたようである。1711年(正徳1)から続いている朝日屋が、けんけら売りの元祖といわれている。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

けんけらの関連キーワード斐太国撰福井県史生焙炉