コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

げんなり鮨 げんなりずし

1件 の用語解説(げんなり鮨の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

げんなりずし【げんなり鮨】


静岡県東伊豆町稲取の郷土料理押しずしの一種。すし飯を一合升くらいの大きさの木枠に入れて四角に成形し、上面を覆うように具をのせる。具は、金目鯛で作った紅白のそぼろ、しいたけの煮つけ、すし飯と形を合わせて切ったまぐろの赤身と卵焼きの5種で、1個に1種ずつのせ5個で一人前。婚礼や上棟式など祝いの席で供される。◇量が多く「げんなり」してしまう、あるいは「げん(縁起)が成る」ことから。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone