コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

げんなり鮨 げんなりずし

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

げんなりずし【げんなり鮨】


静岡県東伊豆町稲取の郷土料理で押しずしの一種。すし飯を一合升くらいの大きさの木枠に入れて四角に成形し、上面を覆うように具をのせる。具は、金目鯛で作った紅白のそぼろ、しいたけの煮つけ、すし飯と形を合わせて切ったまぐろの赤身と卵焼きの5種で、1個に1種ずつのせ5個で一人前。婚礼や上棟式など祝いの席で供される。◇量が多く「げんなり」してしまう、あるいは「げん(縁起)が成る」ことから。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android