コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

げんなり鮨 げんなりずし

1件 の用語解説(げんなり鮨の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

げんなりずし【げんなり鮨】


静岡県東伊豆町稲取の郷土料理押しずしの一種。すし飯を一合升くらいの大きさの木枠に入れて四角に成形し、上面を覆うように具をのせる。具は、金目鯛で作った紅白のそぼろ、しいたけの煮つけ、すし飯と形を合わせて切ったまぐろの赤身と卵焼きの5種で、1個に1種ずつのせ5個で一人前。婚礼や上棟式など祝いの席で供される。◇量が多く「げんなり」してしまう、あるいは「げん(縁起)が成る」ことから。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げんなり鮨の関連キーワード鯖鮨稲取[温泉]静岡県賀茂郡東伊豆町稲取静岡県賀茂郡東伊豆町大川静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬静岡県賀茂郡静岡県賀茂郡東伊豆町白田静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本静岡県賀茂郡東伊豆町静岡県賀茂郡東伊豆町北川

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone