赤身(読み)アカミ

デジタル大辞泉の解説

あか‐み【赤身】

動物、特に魚の肉の赤い部分。⇔白身
木材の中心部の赤みを帯びた堅いところ。心材。⇔白太(しらた)

せき‐しん【赤身】

衣服をつけていない、むき出しのからだ。
武具を身につけていないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐み【赤身】

〘名〙
① 動物の肉の赤い部分。赤い身。⇔白身
※小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉上「毛がすっかり剥げ抜けて、赤身の出たよぼよぼの雌犬がゐたのを」
※朝の悲しみ(1969)〈清岡卓行〉四「魚は、白身が好きで、赤身が嫌い」
② 木材の中心の赤みを帯びた部分。心材。⇔しらた
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉三「杉は材赤きを、赤みと称へてこれを重ず」
③ 果実の肉の赤い部分(日葡辞書(1603‐04))。

せき‐しん【赤身】

〘名〙 (「赤」は、はだかの意) 衣服をつけていない、はだかの体。あかはだか。すはだか。赤裸(せきら)
※通俗赤縄奇縁(1761)四「若(もし)(かれ)が手に一銭の儲(たくはへ)もなき時は、従良の時に臨んで、赤身(セキシン)(〈注〉ハダカ)にて門を出すべけんや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報