コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こうじかび病(麴黴病) こうじかびびょうaspergillus disease

世界大百科事典 第2版の解説

こうじかびびょう【こうじかび病(麴黴病) aspergillus disease】

昆虫に子囊菌類コウジカビAspergillusの糸状菌が寄生して起こる病気の総称。とくにカイコで重要な病気であり,病原菌としてA.flavus,A.oryzae,A.tamari,A.ochraceusなどがある。カイコでは稚蚕期に感染しやすく発病すると急死する。齢が進むにしたがってカイコの抵抗力は増大するが,熟蚕期に再び感染しやすくなり,繭の中で幼虫あるいはさなぎの形で発病して死に至る。幼虫の皮膚に付着した分生子が発芽すると菌糸は皮膚を貫通し,体内に達すると生育伸長して各組織の一部を侵害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

こうじかび病(麴黴病)の関連キーワード糸状菌カイコ幼虫

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android